社会|CSR・環境活動|井関農機株式会社

最新トピックス

2022年02月22日
社会
文科省「WWLコンソーシアム構築支援事業」に協働機関として出前講師を行いました

 当社は、2月21日に愛媛大学附属高等学校に対して、「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業」の一環として出前講師を行いました。

 愛媛大学附属高等学校では、将来、イノベーティブなグローバル人材を育成するため、文理両方を学ぶ高校改革と高大接続改革を推進する学校として、文部科学省より「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業」の指定を受け、高度で国際通用性のある教育を展開されています。
 当社は地元企業として協働機関に登録しており、SDGsが掲げる目標に関連して、食糧問題、国際支援、地域活性化などの課題解決の一つとして、農業の大切さや、将来の生産者を支えるスマート技術や研究について講演を行いました。

 田植機の開発を担当する若手社員が、1年生120人に向け「愛媛の井関農機と農業の未来」と題しオンラインによる講義を行った後、「近未来においても、持続可能な農業とは?その農業を実現するために、必要なものは?」というテーマでグループディスカッションを行いました。学生からは「就農体験の大切さ」「無害な農薬開発や普及」「農機購入時の国の支援」など、自由な発想や意見がでました。
 井関グループは、今後もグローバル展開を行う企業として学生の人材育成に貢献してまいります。

   
     

[リリースに関するお問い合わせ] IR・広報室 03-5604-7709

PAGE TOP