マテリアリティ

井関グループのマテリアリティ

マテリアリティは、井関グループが目指す姿や長期ビジョンの実現に向け、優先的に取り組む重要な課題です。 SWOT分析等を通じて特定したリスク・機会や目指す姿等と経営戦略との整合を図るとともに、外部専門家とのディスカッションを経て、再整理しました。マテリアリティの各項目に対しては、KPIを設定・具体的な取り組み計画を策定し、計画達成に向け推進しています。サステナビリティ委員会で進捗管理を行い、取締役会に報告しています。

マテリアリティの特定プロセス

ステップ1 課題の抽出

SWOT分析によるリスク・機会の特定のほか、ステークホルダーとのコミュニケーションから得られた多様なニーズや要請に応えるため、ISO26000やGRIガイドライン、SDGsなどを参考にしながら、課題を抽出しました。事業活動により社会的価値、経済的価値を創出していくために重点的に取り組む課題と、環境変化や事業活動への阻害要因、地球環境への負荷など事業活動における機会とリスクの観点から課題を抽出しました。

ステップ2 要性の評価

抽出した課題から「社会への影響」と「井関グループへの影響」をビジョンや経営戦略と関連付けながらサステナビリティ委員会において評価し、外部専門家とのディスカッションを経て再整理しました。

ステップ3 マテリアリティの決定

取締役会の審議を経て井関グループが取り組むべきマテリアリティを決定しました。