環境適合設計(エコ商品)への取り組み

井関グループでは、開発・製造・お客さまの使用・廃棄の各段階における環境負荷低減を目的に、すべての商品開発において環境適合設計を推進し、気候変動課題の解決や農業における環境負荷低減につながる商品の提供に努めています。

商品ライフサイクルでの環境配慮

設計・開発段階においては「環境行動指針」に基づき製品アセスメント評価を実施し、原材料の調達から商品廃棄まで、商品のライフサイクル全般での環境負荷低減や農作業の省力に貢献できる商品開発に取り組んでいます。

商品ライフサイクルでの環境配慮

エコ商品認定制度

 「エコ商品認定制度」は、気候変動課題の解決や農業における環境負荷低減につながる環境適合性の高い商品を社内認定する制度です。省エネ・省作業、環境負荷低減、省資源、生物多様性配慮などの評価基準をクリアした認定商品には環境ラベルを付与し、商品カタログや取扱説明書などに表示し、お客さまにわかりやすくお伝えしています。 なお、環境ラベルは、ISO14021で定められたタイプⅡ(第三者認証を必要としない自己宣言型)に準拠しています。

エコ商品認定制度

環境ラベル

環境ラベル
環境ラベル

エコ商品認定のプロセス

エコ商品の認定は、各商品を担当する技術部より申請され、環境管理室担当役員を委員長、環境管理室長を事務局長、各技術部から選出したエコ認定委員によって構成される「エコ商品認定委員会」にてエコ商品の評価基準への適合性を審査します。「エコ商品認定委員会」での審査を通過後、「商品化会議」にて最終審議・承認され正式認定となります。

エコ商品認定のプロセス

エコ商品目標と実績

お客さまの省エネ・省力化に貢献できる機能を備えた商品のほか、国内の排ガス規制の強化に伴って規制対応エンジンを搭載した商品の認定は年々増加傾向にあります。

目標

2025年国内売上高比率
65%

エコ商品認定事例

土壌センサ搭載型可変施肥田植機 直進アシストシステム
「オペレスタNP80D」

最適施肥により、倒伏軽減と施肥量削減で省力・低コスト化を実現する「可変施肥田植機」に、誰でも簡単にまっすぐ植えることができる「直進アシスト機能」を追加した田植機を「スーパーエコ商品」に認定しました。
自動直進機能により、オペレーターの疲労軽減、作業の効率化につながります。また、田植え時に水が多くマーカー跡が見えなくても田んぼの水量を調整する必要がないため、農業用水の節水や水質保全に貢献します。

オペレスタNP80D
オペレスタNP80D

トラクタ ジアスNTA5直進アシスト使用

排出ガス規制に対応したエンジンの搭載やGPSによる位置測位とジャイロセンサを用いた車体の傾きを補正するシステムの組み合わせにより、ハンドル操作をせずに自動的に直進走行可能なジアスNTA5直進アシスト仕様を「エコ商品」と認定しました。
広いほ場で直進性を維持するには熟練者の経験、技術が必要であり膨大な面積の作業には疲労を伴います。直進アシストにより直進時のハンドル操作は不要となり、快適に走行することができます。
農林水産省の「みどりの食料システム戦略」では、直進アシストを含む自動走行技術は高精度な位置情報の活用で誰もが高い精度で作業可能になり、作業のムラやムダを減らし、省エネに貢献するとされています。

(参考:農林水産省 みどりの食料システム戦略におけるスマート農業の果たす役割)

トラクタT.Japan V TJV5シリーズ

フロンティアファイター HFR475、5075

排ガス規制に対応したエンジンの搭載や作業中のエンジン負荷、車速、揺動棚の層厚に応じて作業回転範囲内(グリーンゾーン)でエンジン回転を自動的にコントロールするIQ脱穀制御を搭載したフロンティアファイターHFR475、5075(4・5条)を「エコ商品」に認定しました。
旋回や倒伏稲などの低速作業時に唐箕の風量を最適化して、脱穀ロスを低減します。
作業時には脱穀機の負荷レベルが操作席中央のモニタに表示されるので最適な設定で刈り取りを 行うことができます。

フロンティアファイター HFR475、5075
フロンティアファイター HFR475、5075

エコ商品認定一覧

エコ商品認定一覧

 

COOL CHOICE