環境適合設計への取り組み|井関農機株式会社

環境 -Environment-

環境適合設計、エコ商品への取り組み

井関グループでは、開発・製造・お客さまの使用・廃棄の各段階における環境負荷低減を目的に、すべての商品開発において環境適合設計を推進し、環境負荷に配慮した商品の提供に努めています。

商品ライフサイクルでの環境配慮

設計・開発段階においては「環境行動指針」に基づき製品アセスメント評価を実施し、原材料の調達から商品廃棄まで、商品のライフサイクル全般での環境負荷低減や農作業の省力に貢献できる商品開発に取り組んでいます。














エコ商品認定制度

「エコ商品認定制度」は、当社独自の評価基準をクリアした環境適合性の高い商品を社内認定する制度です。認定商品には環境ラベルを付与し、商品カタログや取扱説明書などに表示し、お客さまにわかりやすくお伝えしています。
なお、環境ラベルは、ISO14021で定められたタイプⅡ(第三者認証を必要としない自己宣言型)に準拠しています。





【環境ラベル】



エコ商品認定のプロセス

エコ商品の認定は、各商品を担当する技術部より申請され、環境管理室担当役員を委員長、環境管理室長を事務局長、各技術部から選出したエコ認定委員によって構成される「エコ商品認定委員会」にてエコ商品の評価基準への適合性を審査します。「エコ商品認定委員会」での審査を通過後、「商品化会議」にて最終審議・承認され正式認定となります。

エコ商品認定の推移

お客さまの省エネ・省力化に貢献できる機能を備えた商品のほか、国内の排ガス規制の強化に伴って規制対応エンジンを搭載した商品の認定は年々増加傾向にあります。









エコ商品認定事例

土壌センサ搭載型可変施肥田植機 直進アシストシステム「オペレスタNP80D」

最適施肥により、倒伏軽減と施肥量削減で省力・低コスト化を実現する「可変施肥田植機」に、誰でも簡単にまっすぐ植えることができる「直進アシスト機能」を追加した田植機を「スーパーエコ商品」に認定しました。
自動直進機能により、オペレーターの疲労軽減、作業の効率化につながります。また、田植え時に水が多くマーカー跡が見えなくても田んぼの水量を調整する必要がないため、農業用水の節水や水質保全に貢献します。




トラクタT.Japan V TJV5シリーズ

特殊自動車排ガス規制適合エンジン搭載、騒音低減、メンテナンスフリーなどによりT.Japan V TJV5シリーズを「エコ商品」に認定しました。軽負荷作業時の燃料消費を抑える「新グリーンモード」も搭載し、省エネ作業にも貢献します。
T.Japan V TJV5シリーズに採用しているエンジンは、コモンレール式電子制御燃料噴射システムと電子ガバナによって、回転数、噴射圧・噴射量・噴射タイミングなど最適な状態に制御します。インタークーラー、ウエストゲート付きターボによりさらに燃費効率と出力を向上させます。排気再循環(EGR)で、排出ガスの一部を再び燃焼させることで、燃費のロスを伴わずにNOx低減効果を高めています。



大型集草専用フロントモアSF5シリーズ

欧州の厳しい排ガス規制に対応したStageV適合エンジンの搭載や排草時移動の時間短縮・作業能率(移動速度の従来機種比5%アップ)が向上したフロントモアSF5シリーズを「エコ商品」に認定しました。
環境意識の高い欧州の景観整備プロ市場向けに高馬力化を実現し、排ガス後処理装置 DPF(ディーゼル微粒子捕集フィルタ)とDOC(ディーゼル用酸化触媒)により従来よりも窒素酸化物(NOx)などの排出を低減したクリーンなエンジンを搭載しています。
市街地での作業を考慮し低騒音作業を可能とするエコモードスイッチを追加、ブロア回転速度のハイ・ロー切替スイッチも装備しており、周囲の環境に合わせた低騒音作業が可能です。



エコ商品認定一覧






ページトップへ