CSR・環境|環境理念|井関農機株式会社

環境 -Environment-

井関グループの環境経営

持続可能な社会の形成に貢献していきます。

 近年、地球温暖化による気候変動や異常気象による災害の頻発、資源の枯渇など、世界各地において環境問題が深刻化しており、食料や農業分野に及ぼす影響もより一層大きなものとなっています。
 井関グループは、持続可能な社会形成を可能とする環境保全を重要課題のひとつと位置づけ、環境基本方針・環境行動指針を定め、環境経営を実践しています。
 グループ全体に環境マネジメントシステム(EMS)を導入し推進体制を構築するとともに、商品開発の初期段階から生産、商品流通、販売・サービスに至る事業活動全体において具体的に環境目標を設定し、事業活動全般の環境負荷低減や環境リスクの低減に取り組んでいます。
 また、商品の使用時などにおける環境負荷低減を図るため、環境適合設計の推進と「エコ商品認定制度」の運用により環境に配慮した商品の普及・拡大に努めています。
 今後も「ものづくり」をはじめとした事業活動全般における資源やエネルギー使用を最適化し、環境保全中長期目標の達成に向けた取り組みをより一層活性化させ、持続可能な社会の実現へ貢献していきます。


コンプライアンス研修
中長期目標

エコビジョン グリーンサークル

環境マネジメント推進体制

 井関グループ全体に組織横断型の環境マネジメント推進体制を構築し、PDCAサイクルを回して環境マネジメントを推進しています。

 社長を議長とする経営会議は、環境基本方針に基づき環境の実行計画・目標を審議・決定しており、環境企画グループ会議から進捗報告を受け、評価・改善措置の助言を行います。環境企画グループ会議は経営会議へ進捗報告、レビューを受け各地区に水平展開をします。このような環境マネジメント推進を強化するために、各地区に環境管理活動を推進する最高責任者並びに環境管理責任者を設置しています。また、国内外製造拠点及び販売会社をはじめとする非製造拠点において、EMS認証(ISO14001・EA21)を取得しています。



1.環境管理体制の整備と機能的運用
2.事業活動、商品の環境負荷低減
3.環境関連法規制の順守
4.環境教育と情報公開


ページトップへ