サステナビリティ|事業活動と環境負荷|井関農機株式会社

井関グループのサステナビリティ

事業活動と環境負荷

エコバランス

井関グループ 国内3製造所では、商品を製造する過程で使用する電力・燃料・水・原材料などの資源を投入し、二酸化炭素 (CO2) ・PRTR法 (化学物質排出把握管理促進法) 対象の化学物質・廃棄物等を環境へ排出しています。それぞれの投入量 (INPUT) ・排出量 (OUTPUT) を把握し、環境負荷を低減し循環型社会形成に貢献するため、使用量・排出量の削減と、再資源化に取り組んでいます。


<2020年度実績>

INPUT
エネルギー
579千GJ
電力
46,800千kWh
灯油
500kl
A重油
440kl
ブタンガス
568千㎥
都市ガス
152千㎥
ガソリン
43kl
軽油
18kl
136千㎥
上水道
67千㎥
地下水
69千㎥
化学物質
 
PRTR法対象化学物質
使用量
87t
総物質
 
主要原材料
39,210t
事業活動
開発
  • 環境適合設計の推進
調達
  • グリーン調達
生産
  • 省エネルギーの推進
  • 資源有効利用の推進
  • 廃棄物最終処理量の削減
  • 有害化学物質の削減
  • 水使用量の削減

★主要製品
トラクタ、耕うん機、
コンバイン、田植機、
エンジン、籾すり機、
乾燥機、野菜作機、など

販売会社への物流
 
輸送量
1,880万トンキロ
CO2排出量
2,780t
OUTPUT
大気
CO2排出量
26,800t
ばいじん排出量
662kg
NOX排出量
905kl
SOX排出量
893kl
排水
排水量
93千㎥
BOD
2,690kg
化学物質
PRTR法対象化学物質
排出・移動量
79t
廃棄物
廃棄物総量
8,900t
リサイクル量
8,210t
減量化量
585t
最終処分量
109t
お客さま使用

廃棄物処理状況

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
最終処分量(ton) 411 269 119 143 109
廃棄物総排出量(ton) 11,600 10,500 9,460 8,860 8,900
最終処分率 3.8% 2.6% 1.3% 1.6% 1.2%
再資源化率 89.4% 90.2% 91.6% 91.6% 92.2%

エコ効率

持続可能な社会の実現には、エコ効率性の向上が重要です。エコ効率は、商品もしくはサービスの価値を環境負荷で除した値で表されます。環境への負荷と経済性を判断する指標の一つです。
当社の場合、「エコ効率=生産高÷環境負荷」とし、エコ効率指数・エコ負荷統合化指数でエコ効率性を評価しています。基準年 2005年度を 100 とした指数に対し、近年のエコ効率指数、エコ負荷統合化指数は改善が見られます。
※エコ効率指数は高いほど効率が良いことを表し、エコ負荷統合化指数は、低いほど環境負荷が小さいことを表します。

環境負荷の統合化とエコ効率

個別項目 統合化 係数 2005年 2020年
実数 (t) 統合
化数
実数 (t) 統合
化数
CO2排出量 1 34,600 34,600 26,827 26,827
非メタンVOCの 排出量・移動量 239 174 41,500 781 18,684
埋立廃棄物量 3 2,750 8,260 109 327
環境負荷統合化数合計 - 84,300 - 45,838
エコ効率 - 83 - 95
エコ負荷統合化指数
(2005年基準)
- 100 - 54
エコ効率指数
(2005年基準)
- 100 - 114

エコ効率比較

エコ効率比較

※3製造所:井関松山製造所・井関熊本製造所・井関新潟製造所

ページトップへ