CSR・環境|事業活動と環境負荷|井関農機株式会社

井関グループのCSR

事業活動と環境負荷

エコバランス

井関グループ 国内3製造所では、商品を製造する過程で使用する電力・燃料・水・原材料などの資源を投入し、二酸化炭素 (CO2) ・PRTR法 (化学物質排出把握管理促進法) 対象の化学物質・廃棄物等を環境へ排出しています。それぞれの投入量 (INPUT) ・排出量 (OUTPUT) を把握し、環境負荷の少ない事業活動を実現するため、使用量・排出量の削減に取り組んでいます。


<2019年度実績>

INPUT
エネルギー
599千GJ
電力
48,800千kWh
灯油
527kl
重油
388kl
ブタンガス
577千㎥
都市ガス
170千㎥
ガソリン
46kl
軽油
19kl
166千㎥
上水道
72千㎥
地下水
94千㎥
化学物質
 
PRTR法対象化学物質
使用量
100t
総物質
 
主要原材料
40,560t
事業活動
開発
  • 環境適合設計の推進
調達
  • グリーン調達
生産
  • 省エネルギーの推進
  • 資源有効利用の推進
  • 廃棄物最終処理量の削減
  • 有害化学物質の削減
  • 水使用量の削減

★主要製品
トラクタ、耕うん機、
コンバイン、田植機、
コンジン、乾燥機、籾すり機、野菜作機、など

販売会社への物流
 
輸送量
2,430万トンキロ
CO2排出量
3,240t
OUTPUT
大気
CO2排出量
26,100t
ばいじん排出量
955kg
NOX排出量
1,065kl
SOX排出量
507kl
排水
排水量
106千㎥
BOD
1,840kg
化学物質
PRTR法対象化学物質
排出・移動量
92t
廃棄物
廃棄物総量
8,863t
リサイクル量
8,120t
減量化量
600t
最終処分量
143t
お客さま使用

エコ効率

持続可能な社会の実現には、エコ効率性の向上が重要です。エコ効率は、商品もしくはサービスの価値を環境負荷で除した値で表されます。環境への負荷と経済性を判断する指標の一つです。
当社の場合、「エコ効率=生産高÷環境負荷」とし、エコ効率指数・エコ負荷統合化指数でエコ効率性を評価しています。基準年 2005年度を 100 とした指数に対し、近年のエコ効率指数、エコ負荷統合化指数は改善が見られます。
※エコ効率指数は高いほど効率が良いことを表し、エコ負荷統合化指数は、低いほど環境負荷が小さいことを表します。

環境負荷の統合化とエコ効率

個別項目 統合化 係数 2005年 2019年
実数 (t) 統合
化数
実数 (t) 統合
化数
CO2排出量 1 34,600 34,600 26,100 26,100
非メタンVOCの 排出量・移動量 239 174 41,500 91 21,749
埋立廃棄物量 3 2,750 8,260 143 429
環境負荷統合化数合計 - 84,300 - 48,278
エコ効率 - 83 - 104
エコ負荷統合化指数
(2005年基準)
- 100 - 57
エコ効率指数
(2005年基準)
- 100 - 124

エコ効率比較

エコ効率比較

※3製造所:井関松山製造所・井関熊本製造所・井関新潟製造所

ページトップへ