夢総研だより


テーマ別記事一覧ページへ戻る>>

水田利活用

大豆用資材「花吹雪」

こんにちは!夢総研です。

転作として大豆を作っている方は多いのではないでしょうか。
しかし、「収量が上げにくい」「管理が大変」ということ声も多く聞かれます。

そんな悩みの対処方法の1つとして、大豆の花芽増加が期待できる資材があります!

その名も花吹雪(㈱ファイトクローム)です!

収量アップを目指すには

収量アップを目指す方法は様々です。その中でも広く知られている方法は排水対策です。
排水対策によって、湿害を防ぎ、根粒菌を活性化させるのと同時に、根の張りを良くする方法です。
他にも花芽を増やし、莢を増やして実を増やすという方法があります。

花吹雪は2つ目の花芽を増やす方法で収量アップを目指します。

植物は地上部を作るために根でホルモンが作られ、根を作るためのホルモンが生長点で作られます。
地上部を作るホルモンであるサイトカイニンが不足すると、新芽の勢いが弱まり、葉が老化し、花数が少なくなってしまいます。
花吹雪はサイトカイニンを増やす効果があるため、花芽を充実させることが期待されます。
大豆の収量構成要素は莢数と相関関係が高いため、莢数が増えれば増えるほど収量アップの可能性が高まります。
花吹雪はサイトカイニンを増やし花芽を充実させることで莢数を増やすので、収量を向上させる効果があるといえます。

花吹雪の使用方法

次に、花吹雪の使用方法です。

●500~1000倍で葉面散布 ※原液100~200ml/10aが目安
●散布時期は第3本葉出た頃~第5本葉が出た頃
●圃場全面散布するだけ!
農薬・肥料との混用可能!(一部例外あり)
●動力噴霧器、乗用管理機など散布方法が色々あるので大規模でなくてもOK!
 

花吹雪の試験結果

皆さん気になる「実際に花吹雪を使ったらどうなるの?」という疑問にお答えします!

実際に花吹雪を使用した試験結果をご紹介します!

両方の試験で莢数、子実重が増加しており、
花吹雪の効果が現れていることがお分かりになるかと思います!


皆さんも花吹雪を使用してみませんか?
 



テーマ別記事一覧ページへ戻る>>



ページトップへ