ガバナンス報告|コンプライアンスの推進|井関農機株式会社

ガバナンス -Governance-

コンプライアンス

基本的な考え方

井関グループは、コンプライアンスを重視した経営のレベルアップを図るため、従業員一人ひとりにコンプライアンスの重要性の周知徹底を行い、グループ全員の意識向上を図っています。

コンプライアンスの推進体制


  • グループ全員へコンプライアンスの知識と意識の浸透を図ることにより、不正及び不祥事の発生を未然に防止するため、コンプライアンス担当役員のもと、社内横断的に組織したコンプライアンスチームが推進を行っています。
    人事部が事務局となり、井関グループ全体におけるコンプライアンス活動の統括管理を行い、全社行事、教育制度における研修や啓蒙活動などを実施しています。各社各部門において実施するコンプライアンス研修や啓蒙活動については、管轄する主管部門が統括管理しています。 内部統制・監査部はコンプライアンス活動状況のチェックを行うとともに、従業員のコンプライアンス意識向上を図ってい ます。

コンプライアンスの推進

活動内容

コンプライアンスに関わる研修や啓蒙活動を計画的に実施しています。


コンプライアンス
周知・啓蒙活

「井関グループ倫理行動規範」の配布

企業倫理に則して行動するために、井関グループの全従業員に「井関グループ倫理行動規範」を配布し、周知徹底を図っています。

「コンプライアンスNEWS」の発行

コンプライアンスに関する情報提供として、年に4回「コンプライアンスNEWS」を発行し、従業員のコンプライアンス意識向上を図っています。コンプライアンスの重点取り組み項目を中心に、経営者メッセージの掲載や従業員が実際に取り組んでいる事例などを発信しています。


教育活動

日々の業務遂行において、とりわけ重点的に取り組むべきコンプライアンステーマについて各種教育や研修を行っています。

全社行事・教育研修への組み入れ

販売会社社長会、管理責任者会議、経営幹部研修、新任管理者研修、新入社員教育

個別研修

営業部門の販売会社社員大会、施設部門の施設担当者研修、開発部門の専門社員研修



内部通報体制

井関グループでは、風通しの良い企業風土を確立し、企業内部の問題を事前に察知し、未然に防止することを目的に、井関グループの全従業員、退職者、取引先が利用できる「井関グループ内部通報制度(倫理ホットライン)」を設置しています。法令や企業倫理行動規範、就業規則などの社内規則に違反する行為に直面した場合、電話やメールなどにより通報できる制度です。通報者の人権を守り、個人が特定されないよう配慮するとともに、利用しやすい制度となるよう、職制ルート、人事部ルート、外部弁護士事務所を窓口とした社外ルートの3ルートでの通報を可能としています。  
なお、2019年度は8件の相談・通報があり、対応にあたりました。

公正取引への取り組み

  • 施設工事に関しては、過去独占禁止法において排除措置命令などを受け策定した再発防止策を着実に実行し、再発防止に努めています。

個人情報保護の取り組み

  • 「個人情報取扱規程」において、個人情報保護方針を定め、個人情報の管理に関する社内体制を整備しています。従業員への周知徹底、教育啓発活動を行うことにより、個人情報の的確な保護に努めています。

ページトップへ