知的財産戦略


知的財産方針

農業機械や関連商品のコア技術の創造活動とその活動で得られた知的成果である発明や創作などを、戦略的に権利化・活用、知的財産を重視し、価値創造につながる事業活動を行います。

発明の創出・特許戦略

有望技術や市場動向・ニーズを勘案し、開発・営業部門の意見を取り入れ設定した発明提案テーマに基づき、発明提案活動を強力に推進しています。また、異なる製品を担当する技術者を集め、農作業全体を体系的に捉えた発明創造活動を行い、技術の水平展開による発明の質と量の向上に努めています。
提案された発明を、将来の社会環境や技術動向、事業の実現性を加味しながら審査し、実効性の高い発明について権利化することにより、自社技術の保護と商品開発の優位性を高めています。

意匠・商標戦略

魅力あるデザインと親しみやすいペットネームはそれぞれ意匠権・商標権として蓄積し、他社商品と差別化し、商品デザインの保護強化を行うことでブランド価値の向上を図っています。

海外知財網の構築

開発・海外担当部門および各国特許事務所と緊密に連携し、各国毎の技術動向・ニーズに基づいて、発明創造活動を行っています。各国の市場動向・知的財産状況の分析精度を高め、有効権利の取得と蓄積に努めることで、新興国を含む各地域における当社商品の模倣防止や他社知的財産への抵触防止を図っています。


知的財産体制

井関グループは、知的財産部により、創作から権利化および権利放棄に至るまでの知的財産を厳格管理しています。発明創造活動による知的財産の創作に対しては、報奨金や表彰などのインセンティブを付与しています。
また、知的財産に関する契約締結にあたっては、総務部法務室と連携し法務面にも留意し、契約のチェック・管理を行っています。

知的財産管理

知的財産の取得および管理は法令および社内規定に基づき実施し、企業秘密の保全・他社知的財産権の尊重につなげています。

(一例)知的財産権の価値評価

価値算定基準に基づき社会通念に照らし妥当性のある評価が行えるようにし、技術価値の判断や、権利譲渡対価および実施料の算定などに利用しています。 そして、国内外の知的財産情報を知的財産管理システムにより電子化し、円滑で効率的な知的財産の管理・運用をしています。

発明表彰制度

知的財産創造活動の活性化のため、若手技術者の意識高揚を図る表彰や、優れた発明を開発部門で共有して創造活動の広がりを促進する表彰を行っています。優れた発明の創出により、井関グループの競争力の向上を目指しています。

人材育成(知的財産教育・技能創造伝承)

井関グループ全体の創造性の活性化と技術総力を発揮するために、その根幹である人材育成に注力し、知的財産教育・創造性教育を行っています。
毎年、新入社員研修をはじめ、経験年数に応じた階層別の知的財産教育を実施し、レベルアップを図っています。

若手技術者の育成

発明創造活動を通じてベテラン技術者から若手技術者への発明創造ノウハウの伝承を図り、若手技術者の創造能力向上を推進しています。


知的財産状況

「発明テーマ」に基づく発明提案活動の強力な推進により、年間の総発明提案は2万件を超えています。また、将来有望な技術について出願し、年間の特許・実用新案出願件数は国内で約350件、海外で約100件となっています。
また、発明提案活動の成果は、日本における特許の分野別登録数における「その他の特殊機械」分野で上位を維持していることや、高い特許査定率にも表れています。

分野別登録数

特許査定率

国内の保有状況

有効権利の取得と蓄積に努め、特許権は約2,300件を維持し、意匠権は約500件を維持しています。
 

海外の保有状況

各国や各地域毎の技術動向・ニーズに対応する知財権を取得し、保有する海外特許・実用新案権の権利数は、約800件です。また、海外での模倣防止を図るべく意匠出願を活用しており、保有する海外意匠権数は、約600件となっています。