CSR・環境|ごあいさつ|井関農機株式会社

井関グループのCSR

トップメッセージ

代表取締役社長 木下榮一郎


 井関グループは、1926年の創立以来、創業者井関邦三郎の「農家を過酷な労働から解放したい」「需要家に喜ばれる製品を」という想い・理念を原点に、農業機械総合専業メーカーとして、わが国農業の近代化に貢献してまいりました。その間、一貫して農業の効率化、省力化を追求し続け、その過程の中で画期的な数々の農業機械を他に先駆けて開発し、市場に供給してまいりました。
世界人口の増加と食料問題、食料自給率や国土保全、地球環境問題等を考えると、農業の果たす役割は大きく、
農業機械メーカーの社会的使命はますます重要になると考えています。
当社は、「需要家に喜ばれる製品の提供」を通して、わが国ならびに世界の農業に貢献することを経営の基本理念として活動を続けてまいります。
 こうした活動は、2030年をゴールとして国連サミットで策定された「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献につながるものと考えています。
 引き続き「豊かで、持続可能な社会の実現へ貢献する」ことを目指し、ステークホルダーの皆さまとともに様々な課題に取り組みながら、社会的責任を果たしてまいります。

日本ならびに世界の農業に貢献する

日本では、農業就業人口の減少や高齢化、耕作放棄地の増加等、様々な課題に直面しています。
わが国農業の成長・発展に向けて、井関グループは、農業の効率化や作業軽減による生産性向上、ICTやロボット技術の活用、省エネ・低コストや環境に配慮した商品提供に加え、先端技術の研究・実証・普及・支援等、ハードとソフトの両面からサポートしています。また、食料自給率向上に向けた食育や地産地消活動にも企業をあげて取り組んでいます。
世界では、2050年の総人口は97億人になると予想され、食料生産を大幅に引上げる必要があります。
近年の食料増産の世界的なニーズに対しては、欧州、北米、中国、アセアン等、国や地域によって異なるニーズの把握と商品対応を積極的に行っています。

循環型社会形成に貢献する

環境問題については、循環型社会形成に貢献することを経営の最重要課題のひとつとして、海外拠点も含めて井関グループ全体に環境マネジメントシステム(EMS)を導入しています。
また、商品開発の初期段階から具体的な目標設定と推進管理体制を構築し、環境負荷を軽減する商品開発に取り組んでいます。
なお、井関独自の環境適合設計基準をクリアした商品にのみ環境ラベルを使用する「エコ商品認定制度」を運用し、お客さまをはじめ全てのステークホルダーの皆さまに環境負荷改善の情報をわかりやすくお伝えしています。

人づくり

こうした課題解決を果たすのはすべて人であり、「人づくり」が重要であると考えています。生産現場に欠かせない技能の向上や継承、お客さまに総合的に営農提案できる、あるいはグローバルに活躍できる人材の育成に加え、多様な人材の活用としてダイバーシティも推進しています。
また、農業や地域活動の重要な担い手である女性農業者を対象とした研修や将来を担う子供たちへの食育活動等、学習の機会を提供してまいります。

国内、海外市場で確固たる地位を築く

井関農機は、2025年に創立100周年を迎えます。
中期ビジョンとして、創立100周年までにグローバルマーケットでも農業機械総合専業メーカーとして確固たる地位を築くことを掲げています。当社の強みを発揮し、世界の市場で競争力のある商品づくりと営農提案により、国内農業構造変化への対応強化と海外事業の拡大ならびに組織、ガバナンスの強化にグループをあげて取り組み、持続的な企業価値向上に努めてまいります。

2020中期経営計画 -変革-

10年後のあるべき姿に近づくための重要なステップとして、2016年に5カ年(2016年~2020年)の「中期経営計画」を策定しました。その後の環境変化等を踏まえ、実現に至る道筋を確かなものにすべく、2020年までの3年間の戦略について、本年、見直しを行いました。
2020中期経営計画では、「変革」をキーワードとして、5つの基本戦略を実行してまいります。
CSRについては、経営層が中心となり、社会からの要請に応える活動を推進強化し、当社の強みを活かした「変革」を通じた新たな価値創造で、井関らしい未来を切り拓いてまいります。





 

代表取締役社長 木下榮一郎

井関グループのCSR 〈経営理念とCSRの基本的な考え方〉

代表取締役社長 木下榮一郎

ページトップへ