CSR・環境|グループにおける認証取得|井関農機株式会社

環境報告

グループにおける認証取得

井関グループは国内製造拠点、及び国内販売会社本社・支社において、外部機関の認証を取得しそれぞれの地区毎に事業活動並びに地域の特色に即した環境保全活動を展開しています。

ISO14001

井関農機(株)東京本社事務所、(株)井関松山製造所、(株)井関熊本製造所、(株)井関新潟製造所にて国際規格 ISO14001 を取得しています。各事業所ごとにPDCAをまわし、システムを維持、発展させ、省エネ、省資源、生物多様性への取組みなど環境保全活動を進めていきます。
取得日
井関農機(株)東京本社事務所
(関係会社:(株)ISEKI トータルライフサービス、
(株)ISEKI アグリ(本社事務所)含む)
2007年3月
(株)井関松山製造所 1999年2月
(株)井関熊本製造所 2001年3月
(株)井関新潟製造所 2003年8月
東風井関農業機械有限公司(襄陽) 2016年1月
東風井関農業機械有限公司(常州) 2016年9月
P.T. ISEKI INDONESIA 2016年9月
ISEKI France S.A.S. 2016年11月
N.V. ISEKI EUROPE S.A. 2017年1月

OHSAS18001

2007年3月、当社グループの主力製造所である(株)井関松山製造所において労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001)を取得しました。労働安全衛生システムとは職場の労働安全衛生に係る危険のリスクを見積り、PDCAサイクルによって継続的改善を行い、従業員や利害関係者への危険を低減していく活動で、世界的に最も広く採用されています。

「自分の作業や職場、設備にどのようなリスクがあるのか、結果の重大性はどうか」それらを定められた評価基準で評価を行い、その評価されたリスクを低減するための実行計画をたて、計画に沿って作業者を教育・訓練し、設備・職場をより安全に衛生的に継続的改善を推進しています。

EA21

全国の井関グループの販売会社、(株)ISEKIアグリ(関東、関西事業所)、井関農機(株)砥部事業所、(株)井関重信製作所など国内20拠点、にて認証を取得しています。

国内拠点

日本政策投資銀行(DBJ)の環境格付

2018年3月、井関農機は、日本政策投資銀行(以下「DBJ」)の「DBJ環境格付」を受け、「環境への配慮が特に先進的」という最高ランクの格付を12回連続で取得しました。「DBJ環境格付」とは、DBJ が開発したスクリーニングシステムによって企業の環境経営度を評価するもので、点数に応じて金利を優遇する世界で初めての融資メニューです。CSR報告書などの情報に加え、ヒアリング結果を基に評価、格付けしています。設問は企業の経営全般や事業内容、パフォーマンスにかかわることなど約120項目あり、業種によって異なり、10 数業種のシートが用意されています。井関農機は「製造業(素材・加工組立型)」シートで評価されています。

認定証

ページトップへ