商品情報|トラクタ|ロボットトラクタ TVJ655RL[65PS]|井関農機株式会社

商品情報

ロボットトラクタ TJV655R[65PS]

有人監視型ROBOT TRACTOR

ビデオコーナー - Video Corner -

製品特性

型式 TJV655R
エンジン出力 65

ISEKIのICT ソリューションの一つである「ISEKI DREAM PILOT」
それはGNSS(全球測位衛星システム)を活用したISEKIの自動操舵技術。
「ISEKI DREAM PILOT」の技術により、オペレータが監視・遠隔操作
することで、安全性を確保しながらトラクタでの無人作業を可能にしました。

日本では農地集積による大規模化が加速し、それに伴うオペレータの疲労軽減および不慣れなオペレータの習熟にかける時間コストの効率化が農業経営の課題となっています。ISEKIは「ISEKI DREAM PILOT」の技術で、
それらの課題を解決し、夢ある農業を応援してまいります。

農林水産省により策定された「ロボット農機の自動走行に関する安全性確保ガイドライン」に準拠しています。
使用者がほ場内もしくはほ場周辺にて監視している状況下において、無人ロボットトラクタ1台による作業やオペレータが運転する有人トラクタと無人ロボットトラクタによる2台の同時作業によって作業の省力化、生産性の向上を実現できます。
RTK(リアルタイム・キネマティック)による高精度作業が行えます。
GNSSの位置情報に対し、RTK-GNSS基地局と本機アンテナ内のIMUにより位置補正を行い、高精度な自動運転を実現します。

機能・装備

製品

❶超音波センサ

❷赤外線レーザセンサ

超音波センサおよび赤外線レーザセンサにより、人や障害物を検知すると、自動走行を停止します。

❸カメラ

前方・後方・側方の作業視界をタブレットのアプリケーション(パイロットアイ+)で確認できます。

❹3色灯

3色のLEDにより離れた所から、本機の状態を確認できます。

❺IMU + RTK-GNSSアンテナ

IMU(慣性計測装置)を搭載したRTK-GNSSアンテナです。

❻遠隔監視装置用Wi-Fiアンテナ

遠隔監視装置(パイロットアイ+)の情報を送受信するWi-Fiアンテナです。

❼モータ内蔵ステアリング

ステアリングモータによる自動操舵を行います。

❽ロボット自動走行「入・切」スイッチ

自動走行の「入・切」を行えます。

❾タブレット
・走行経路設定(パイロットアイ)

作業登録、走行パターン、経路設定などを行えます。


・遠隔監視装置(パイロットアイ+)

本機カメラの映像やエンジン回転数など本機の状態が一目で確認できます。

❿リモコン

オペレータが遠隔で自動走行の開始、
一時停止、停止の操作を行えます。

⓫RTK-GNSS基地局

RTK測位によるGNSSの補正情報を本機のIMU + RTK-GNSSアンテナに送信し、
高精度作業を実現します。
カバー範囲は半径約2kmです。

  • ●自動走行システムによる自動走行は、監視者が責任を持って周囲を監視し、安全確認を行うことを前提に、圃場内での作業を支援する機能であり、監視者に代わって本製品が責任を持って安全な自動運転を行うものではありません。
  • ●自動走行システムは、訓練を受けた人のみが使用できます。訓練を受けていない方は当システムを使用しないでください。
  • ●自動走行システムを使用する際は、自動走行を行う車両系農業機械の安全性確保を目的に農林水産省より制定された「農業機械の自動走行に関する安全性確保ガイドライン」をご覧いただき、そのルールを順守してください。  
    ホームページ(http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/sizai/180327.html

ページトップへ