商品情報

ロードマスター (NTA3・NT3用 NTLA3シリーズ)

 

 

NTLA3シリーズの特長

High performance

先端アタッチメントを常に平行に保ちながら平行昇降が可能です。パレット作業や、バケットでのスクイ作業で荷こぼれなく、精度の高い作業が容易に行えます。

リフトシリンダは複動・フローティングワンタッチで切替え。軽土木・積荷の加圧・ぬかるみからの脱出などは複動で、集草・整地(除雪)など圃場の凹凸に沿った作業はフローティングで、オールラウンドな作業ができます。

DXバケットは、脱着式ブレードの取外しにより、1つのバケットで爪付、爪なしの2つの作業が可能です。

Wide view

トラクタの中央部のみでローダを支持するミッドマウント方式です。サイドフレームがなく、運転席からの作業視界が広く、土砂・堆肥の持ち上げ、ダンプが効率よく安全に行えます。

New technology

シリンダ赤マークとゲージを合わせます。

バケットをダンプさせ、前輪を浮かせてエンジン停止。スタンドを立て、ドッキングピンを抜きます。

外部操作レバーで残圧を抜きます。バケットが水平になり、アームが外れます。

油圧カプラを外し、スライダピンを格納し、取外し完了

ピンがフックにかかるまでトラクタを前進します。

油圧カプラを取り付け、前輪が少し浮くまで、バケットをダンプします。

ドッキングピンを入れて、スタンドを格納します。

装着完了

マイコン搭載、高レベルの操作性を実現(NTLA-EC)

マイコンを搭載し、パワフル作業から、精度の高い作業まで、軽くて、滑らかなフィンガーコントロール操作で長時間作業も楽に行えます。

◆集中コントロール

レバー内に、フローティング機構、増速ダンプ機能、ハイレックバルブ操作機能を持つ集中システム。 便利、簡単に操作できます。

◆フローティング自己保持機能

操作レバーを下降にすると、フローティングが自己保持され、レバーから手を離しても、フローティング状態を維持します。
(フローティングボタンON時)

レバー1本で自在にコントロール(NTLA)

リフトアーム・アタッチメントは、1本レバーでコントロール。
「上昇」「下降」「スクイ」「ダンプ」などの基本操作をはじめ、フローティング、増速ダンプの「入」「切」からローダの装着、離脱まで簡単、思いのままにコントロールできます。

先端アタッチメントの交換で多彩な作業が可能です。

アタッチメントの交換は、簡単ワンタッチ

左右連結式スナップヒッチにより、先端アタッチメントの交換は簡単です。
重いアタッチメントの交換も短時間で行えます。

バケット
爪付バケット
広幅・大容量バケット
広幅爪付バケット
DXバケット(広幅・大容量)
マニアフォーク
コンテナバケット
ロールグラブ
パレットフォーク
グレーダ
ヘイフォーク
広幅マニアフォーク

※アタッチメント図は参考写真につき、装着ローダにより、型式・爪数・タイン数が異なります。
※2“つかむ”“まわす”の作業には、ハイレックキットが別途必要です。

土つくり

  • ブロードキャスタ ZA-Mシリーズ
  • ブロードキャスタ ZA-Xシリーズ
  • 広幅ロータリ・ベストマッチロータリ

うね立て・マルチ

  • 逆転成形・深耕ロータリ
  • うね内部分施用機「エコうねまぜ君」

収穫・運搬・調整選別

  • ロードマスター(トラクタTJW用 JWLA120シリーズ)
  • ロードマスター(トラクタTJX用 JXLAシリーズ)
  • ロードマスター (NTA3・NT3用 NTLA3シリーズ)
  • スーパーミニローダ

お問い合わせ

  • よくある質問はこちら
  • お問い合わせ

ページトップへ