PT.井関インドネシア Y.B.

先輩社員の声(Y.B.)
入社年 2013年度入社
出身学部 工学部 機械工学科卒
所属 PT.井関インドネシア
担当業務 購買
勤務地 インドネシア

現在の仕事の内容

インドネシアでトラクタを製造するために、現地での部品調達先の選定や部品配達状況の管理を行っています。目標金額に合った調達ができたときには、面白さを感じます。
私自身、英語やインドネシア語が十分にできるわけではありません。できないから諦めるのではなく、伝わるように工夫をすればいいだけだと思っております。今の時代スマホ1つで翻訳もでき地図も開けます。環境の変化に柔軟に対応できるようになるのが大切だと思っております。

現在の仕事の内容

仕事をしていて嬉しかったこと

インドネシアに赴任してまだ日が浅いですが言葉の壁を感じています。ローカル社員の中には日本語が話せる社員もいますが、自分が伝えたい内容がうまく伝わらず、ミスコミュニケーションが生じる場合があります。
一方で自分が伝えたい内容をうまく理解してもらえたときはやりがいを感じます。言葉だけでは伝わりにくいときには、図や絵を用いての説明や現物の確認をしに行くなどの工夫が必要だと考えます。

皆さんに一言

まずはやりたい事から探そうとよく言いますが、やりたい事が見つからず困っている方も多いと思います。そう言った方は、会社案内動画の視聴や会社見学に積極的に行ってみる事で会社や業種について絞れてくると思います。 また、知り合いに社会人の方がいるのであれば、個人差はありますがその人が感じている仕事に関してのマイナスの点を聞いてみることで普段の会社説明会などでは、あまり聞く事ができない違う観点からやりたい事などが絞れてくる可能性もあると思います。

一日の業務フロー

一日の業務フロー

今日の感想

毎日CCを含め、100通を超えるメールが届きます。
1つ1つ丁寧に確認していては、時間がいくらあっても足りません。
自分の判断に纏わるメールや優先順位の高いものの見分けが重要になります。
会議やサプライヤーとの打ち合わせでは、議題の要点に絞った資料の作成や口約束ではなく
議事録にきちんと証拠を残すことが今後の業務をスムーズに行うために大切なことだと考えます。

ページTOPへ