先輩社員の声(新卒採用)|井関農機株式会社

先端技術部 K.M.

先端技術部 K.M.
入社年 2017年
出身学部 情報系工学研究科
所属 先端技術部
担当業務 農業機械の制御ソフトウェアの開発
勤務地 愛媛

現在の仕事の内容

私はトラクタ、田植機、乾燥機など、様々な農業機械のソフトウェア開発・制御開発に携わっています。
多機種にわたるため、製品ごとに特徴や制御の中身も大きく違いますが、そこに面白さがあると感じています。
直近では、トラクタの走行制御や、無人で運転をするロボット田植機の制御プログラム開発などを担当しました。
農業機械は、悪条件の環境で使用されるため、シミュレーションどおり動かないことも多く制御開発の難しさもありますが、そこがおもしろさでありやりがいになっています。

現在の仕事の内容

仕事をしていて嬉しかったこと

最もうれしかったことは、ロボット田植機の直進制御の開発で、真直ぐきれいに動いてくれたことです。
最初は田んぼの凹凸影響で、くねくねと曲がり問題点が多く発生しました。
この問題点を解決するために、試行錯誤を重ね先輩方にアドバイスをもらいながら何度も制御プログラムの変更修正を行い、最終的に思い通りに動き製品として完成させることが出来ました。
あきらめることなく、一歩ずつ着実にねばり強くがんばれば、成果につながることを学ぶことができました。
苦労が多いほど目標達成した時の喜びは格別です。

私がこの会社を選んだ理由

私は、モノ作りに携わる企業を中心に就職活動を行っていました。
様々な企業やそこで働く方々の話を聞くうち、モノ作りの中でも、「ユーザーとの距離が近い製品」「人の生活を支える製品」に携わりたい、部品単位ではなくより広い範囲で開発に携わりたいと思うようになりました。
説明会等に参加する中で井関農機の製品は、農家の皆様方に直接使っていただく物であり、「食」をうみだす「農」を支える製品であり、開発体制は機種に対し1つのチームが一貫して関わっていくと聞きました。
自分の思いとぴったり合っていると感じ、これらが決め手となり入社を決めました。

皆さんに一言

就職活動は、自分は何をやりたいのか、何が好きで何が嫌なのかなど自分について見つめなおす機会だと思います。
併せて、業界や業種問わず仕事に関する話を多く聞ける貴重な機会だと思います。
様々な話を聞く中で、今まで自覚していなかった、自分にとって本当に大切なものや、やりたいことが見つかることもあると思います。
悩みや焦りを感じる場面もあるかと思いますが、落ち着いて楽しみながら就職活動に取り組むことで自分に合う企業に出会えると思います。

皆さんに一言

一日の業務フロー

一日の業務フロー

今日の感想

新製品の制御について、動きの確認を行うことができました。
試行錯誤の末、前日判明した課題を解決し、狙い通りの制御を行うことができました。

前の先輩を見る 次の先輩を見る
ページTOPへ