先輩社員の声(新卒採用)|井関農機株式会社

先輩社員の声

ISEKI France SAS 営業・マーケティングサポート K.K.

先端技術部 K.K.
入社年 2017年
出身学部 人文社会学部
所属 ISEKI France SAS
営業・マーケティングサポート
担当業務 仕入れのコーディネート、市場調査、製品問い合わせ窓口
勤務地 フランス

現在の仕事の内容

現地の販売・在庫状況を分析し、サプライチェーンの効率化を図ることが大きなミッションです。
製品の入荷、販売、アフターサービスまで、社内外の様々な部門とコミュニケーションを取りながら業務を進めていく必要があり、多くの人と関わることができる仕事です。
製品問い合わせ窓口でもありますので、お客様の抱える問題をスピーディに解決する為に日々の勉強も欠かせません。
また、お客様の声を今後の製品開発に反映していく為、本社の営業・技術サービス部門と頻繁に情報交換を行っています。
当社が欧州で販売する製品は、公園や競技場での芝刈、道路清掃、除雪作業、等様々な場面で使用されており、社会を縁の下で支えています。
街中で当社製品が使用されているのを見かけると社会の役に立てていることを実感します。

現在の仕事の内容

仕事をしていて嬉しかったこと

私は学生時代に仏語を勉強し、一年間フランスに留学しておりました。
学生時代より海外で働くことを夢見ておりましたが、念願叶ってまたフランスに戻ってくることができ、現在は学生時代に習得した語学を活かして現地の従業員と日々の仕事のやり取りを行っています。
入社一年目は海外営業本部の海外技術サービス部に配属され、入社後一年も経たないうちから海外出張の機会がありました。
その後欧州営業部を経験して、入社四年目にはフランス駐在が決まりましたが、海外営業本部に配属された同期も同じように入社四年目に海外駐在が決まっています。
希望すれば海外に行くチャンスが豊富にあり、若いうちからグローバルに活躍できることがこの会社の魅力の一つです。

私がこの会社を選んだ理由

モノづくりにおけるジャパンクオリティを世界に発信する仕事がしたいと思い、海外に事業所を持つ製造業者を中心に就職活動を行っておりました。
イセキという名前は田植機や精米機でよく目にしていましたが、会社説明会に参加して分かったのは、井関農機は単なるモノづくりの会社でなく、グローバルに展開するソリューションカンパニーであるということです。
社内を見渡せば、機械に詳しい人、野菜の栽培方法に詳しい人、多種多様なスペシャリストが在籍しており、お客様の抱える課題解決に向けて知恵を出し合っています。
また、日本の農業が抱える高齢化問題、世界の発展途上地域での農業機械化の推進、気候変動対策、等多岐に渡る社会的課題にグローバルな視点から取り組んでおり、私もそのチャレンジに携わりたいと考えたことが入社のきっかけです。

皆さんに一言

月並みですが、学生時代から新聞を読む習慣を身に付けるとよいと思います。自動車業界のニュースは農機業界にも通ずる内容が多く特に注目しています。
あとは百聞は一見に如かずということで、気になる企業があればインターンシップや会社説明会に参加してその企業のイメージを掴んでいって下さい。

皆さんに一言

一日の業務フロー

一日の業務フロー

今日の感想

今日は打ち合わせメインです。市場で発生している不具合の共有と、次回注文内容の検討を行いました。
仏語で技術用語を覚えるのはまだまだ大変ですが、単語帳を作成して勉強しています。

前の先輩を見る 次の先輩を見る
ページTOPへ