先輩社員の声(高校生採用)|井関農機株式会社

先輩社員の声

工作室 S.Kさん

入社年 2018年4月
出身学科 機械科
所 属 工作室

私は、井関農機に入社するまで、たくさんある工作室の職種の中からどの職種に配属されるか不安がありました。配属は組立職場になり、現在の仕事に多くの魅力を感じています。

農業機械には、トラクタ、田植機、コンバインなど色々な種類があり試作機の組立にはそれぞれの知識が必要です。

配属された当初は、農業機械に関する知識だけでなく、工具の使い方や部品名称など知らない事ばかりでしたが、上司や先輩方から丁寧な指導を受けることができました。現在は、若手社員に合った無理のない仕事配分のなかで徐々に経験を積み知識や技能を習得する事ができ自分の成長を日々感じる事ができています。

井関農機には、幅広い職種があり自分のアイデアを提案しやすく、また、他の職場との繋がりを大切にする社風があり、とても働きやすい職場です。

開発統括部 N.Tさん

入社年 2017年4月
出身学科 繊維科
所 属 開発統括部

私は3DCADを用いて、設計者が検討した図面を元に3次元モデルを作成したり、3次元モデルから2次元図面を作成しています。設計部門のモデル作成や部品図作成を支援することで、設計者の負担を軽減し、設計精度や品質向上につなげることが目的です。

私たちが作成するモデルや図面は、設計部門はもちろん商品に関わる井関グループ内すべての人や職場に共有されるため、小さなミスでも後行程への影響は小さくありません。部品の形状や位置関係を正しく理解するためには空間認識力が必要になりますが、それに加えて正確性や几帳面さが要求されます。また、部品の役割や性質を知った上で作成することが、より良い商品品質につながるので、積極的に取り組むように心がけています。

自分が携わったモデルから作成された実物を見ると、自分の作ったものがこうして形になって世に送り出されているということを実感でき、とてもやりがいを感じています。

工作室 K.Oさん

入社年 2018年4月
出身学科 工業・機械科
所 属 工作室

私は、図面をもとに試作機製作に必要な部品の溶接工程を担当しています。溶接は部品を作る最終工程に位置しており、私たちの製作する試作機は、新商品開発の過程でとても重要な役割を担っています。試作機にて様々なテストを繰り返し、改良を重ねることで、安全で質の高い商品化が実現します。

溶接作業は高校の時にも何度も経験していましたが、図面通りの部品を作るためには、適正な電流調整・順序が大切で、歪まで常に考慮する知識が必要であり、溶接担当になったばかりの時は何も分かりませんでした。先輩方から、溶接はもちろん、他の工程についても一つ一つ丁寧に指導を受けることで理解することができました。このように、最初は何も分からないのが当たり前です。後輩には私たちが一から丁寧に納得いくまで教えます。

工作室は、コミュニケーションも活発で先輩方は優しく時に厳しく、どんなことも相談しやすい明るい職場です。私たちと元気に仕事をしたい方は大歓迎です!

品質統括部 T.Uさん

入社年 2019年4月
出身学科 工業技術科
所 属 品質統括部

私は、品質統括部でトラクタに関する試験検証に携わっています。試験検証とは、開発商品や設計変更した商品が、設計仕様通りであり、性能・強度や動作に問題がないことを確認することです。

私が井関農機に入社したきっかけは、高校生の時にインターンシップで職場体験に参加したことです。この時に試験検証をするための大型設備や様々な計測機器の取り扱いに魅力を感じました。試験検証の設備や計測機器は、地元の他の工場見学ではあまり見掛けないこともあり大いに興味が湧きました。

トラクタの操縦は試験では当たり前のことですが、初めてトラクタに乗った時には、公道を走行する自動車の感覚でありながら、農道を走行する力強いエンジン音や馬力の感覚に得も言われぬ面白さを覚えました。

井関農機は、メカを触る、メカを操作することが好きな人には最高の職場です!

開発統括部 C.Kさん

入社年 2018年4月
出身学科 普通科
所 属 開発統括部

井関は農業機械に関する専門知識が無くても、自分の技術を磨くことができる職場です。それは、教育や職場のサポートがとても充実しているからです。

私は、入社するまで図面を見たことも機械設計の知識も無かったため、3DCADのことも全く知りませんでした。それでもこの会社でこの仕事をしたいと思ったのは、ものづくりに興味があった事と、パソコンを使うことが好きだったからです。3DCADでは実際の部品と同じ形状の立体モデルを作成し、画面上で組み立てたり、立体モデルから2次元の図面を作成したりすることもできます。

入社する前は3DCADを使って、図面通りにモデル作成できるのか不安がありましたが、入社後の研修や日々の業務の中で、上司や先輩方に3DCADの使い方と図面の基礎知識をわかりやすく丁寧に教えていただいたおかげで、今では立体モデルの作成だけでなく、ものづくりの面白さを知ることができました。今後は自分のできる範囲を広げようと設計についても少しずつ勉強しています。

品質統括部 D.Aさん

入社年 2018年4月
出身学科 工業技術科
所 属 品質統括部

私は品質統括部に所属しています。品質管理は、お客様に安心・安全な商品をお届けする上で欠かすことの出来ない業務です。そのかけがえのない職場の一員であることにやりがいと誇りを感じています。

業務では試験設備や計測機器を用いて試験運転時の機械の状態を計測するためのスキルが必要になります。入社後の社内研修制度、通信教育制度が充実しており、仕事に対する不安解消と同時にスキルアップにつながります。

それでも日々の業務で不安な部分が出てくることがありますが、上司や先輩方のしっかりとしたサポートや助言があり、安心して業務を進めることが出来ています。任される業務も少しずつ増え、自分の努力とアイディア、そしてやる気次第で、自分がぐんぐん成長できることを実感できる会社や職場だと思います。

試験としてトラクタに乗る機会も多々あり、トラクタに興味がある方は是非、井関農機で一緒に仕事をしましょう!

工作室 M.Sさん

入社年 2015年4月
出身学科 工業技術科
所 属 工作室

私が井関農機を知ったのは、高校3年の就職活動で迷っている時に担任の先生の勧めがあったことと、機械を専攻している事もあり、ものづくりに興味があり入社を決めました。年間休日日数が多い点や福利厚生が充実していることも大きな理由でした。

現在、機械職場でNC旋盤という工作機械をメインに担当しています。最初は見たことのない機械で使いこなせるのか不安でしたが、先輩の丁寧なご指導のお蔭で、今では一人でも図面通りの部品が作れるようになりました。

社内では毎年井関グループ全社で技能コンクールが行われ、技術・技能の向上を図れる機会もあります。また、全国技能五輪の旋盤種目に挑戦するチャンスにも恵まれました。初めての事でどう加工したら良いのか悩む事ばかりでしたが、上司・先輩方の細やかなサポートのおかげで2次予選に出場できました。本選出場は叶いませんでしたが、とても良い経験になり感謝しています。

工作室は、自身の能力を活かし、スキルアップできる職場です。

ページTOPへ