商品情報|野菜作機械|たまねぎ収穫機|井関農機株式会社

商品情報

だいこん引抜機 VHD102-S

だいこんの引抜き、葉の切断が効率よく行えます

セールスポイント
縦、横引起しベルト標準装備
●縦2本、横2本の引起しベルトで葉を掻き揚げ挟持ベルトに引き渡すため、安定した引抜きと綺麗な葉の切断が行えます。
専用挟持ベルト採用
●専用ベルトでしっかり挟持するので安定した引抜き作業が行えます。
仕上がりがきれい

●肩揃え装置を装備しているので、切断高さを揃えて引抜くことが出来ます。

作業の流れ
葉の引起し
引起しベルトで倒れた葉を起こします。
引抜
葉を挟持ベルトで掴みだいこんを引抜きます。
負担の大きい引抜・茎葉切断作業を機械が行うため収穫作業が楽になります。特に加工業務用は太い、長い品種が特徴で引抜作業が重労働となります。
茎葉の切断
青果用に葉を残すことも、加工業務用に胴を切断することも可能です。
手作業の約3倍の作業効率 *当社調べ
手作業: 約6秒/本
●重量野菜なので引き抜く時が腰を曲げての作業で負担が大きくなります。
機械作業:約2秒/本
 だいこん引抜機を使えば、その負担を低減しかつ効率良く収穫作業が行えます。
規模拡大も可能となります
作業後
こんなお客様におすすめ
  • ☆手作業で収穫されているお客様
  • ☆加工業務用の大根を出荷されるお客様
型      式 VHD102-S
機体寸法 全長×全幅×全高 (cm) 206×145×120
重量 (kg) 250 
エンジン エンジン種類 空冷4サイクルガソリン
出力/回転数(定格) 1.9{2.6}/1,700
( kW{PS}/rpm ) 
総排気量(L) 0.099
タンク容量(L) 2.4 
走行部 前輪サイズ(mm) 370
後輪サイズ(mm) 550
変速段数 F2:R1
作業速 (m/s) 0.23
作業部 作業方式 ベルト挟持引抜き
作業条数(条) 1
*商品は写真と異なる場合があります。
*主要諸元は改良のため予告無く変更する場合があります。

ページトップへ