商品情報|スマート追肥システム|井関農機株式会社

商品情報

スマート追肥システム

生育測定と可変施肥を

スマート追肥システムとは

生育測定

機体前方のセンサーで生育状況データを取得。

最適計算

最適な追肥量をリアルタイムに算出。

可変施肥

ブームタブラーで散布量を可変施肥(左右独立制御)。

スマート追肥システムの効果

簡単に最適な追肥作業が可能

散布作業前に設定する生育状況と、散布量のパラメータ(処方箋)により、作物の生育に合わせた最適量の追肥を行うことができます。これにより、オペレーターが変わっても、最適な作業が行えます。

生育の平準化と倒伏の軽減

施肥量を制御することで1枚のほ場の生育を平準化し、稲の倒伏軽減につながります。

品質の安定・収量の向上

生育の平準化と倒伏軽減は、
 ①品質安定化につながり収量向上
 ②収穫作業の効率化やコンバインの故障原因防止
が期待できます。

スマート追肥システムの内容

スマート追肥システムの内容 乗用管理機JKB23キャビン仕様

❶レーザー式生育センサーCropSpec

作物にレーザー光を照射して、生育状況をリアルタイムに計測する、画期的なセンサーです。GNSS自動操舵/ガイダンスシステム、可変施肥機と連動してリアルタイムで可変追肥を行うことができます。
レーザー光を使用しているので、時間など周囲の状況に左右されない安定した計測を実現しています。

❷GNSSガイダンスシステム

モニターで進行経路の案内や作業の軌跡の確認ができ、作業効率をアップさせます。

施肥機制御ソフX25向けソフトウェアトウェアCSC-1

レーザー式生育センサーで得られたデータから生育に応じて適切に追肥をするための左右可変ブームタブラー専用の制御ソフトウェアです。

❹可変ブームタブラーIHB200LX

稲や麦等の粒状肥料の散布(追肥)や粒状倒伏軽減剤の散布が行えます。

スマート追肥システムの内訳

本機JKBキャビンとインプルメントIHB200LX-SETが必要です。

コードNO. 品名 型式 商品構成 適応機種
9639-255-0000-0 スマート追肥システム IHB200LX-SET ①レーザー式育成センサーCropSpec
②GNSSガイダンスシステム
(GNSS受信機SGR-1/コンソールX25/Horizon(OS))
③施肥機制御ソフトウェアCSC-1
③可変ブームタブラーIHB200LX
JKB17 JKB23 JKB23CY
H P P H HP P HP
         

ページトップへ