PT.井関インドネシア Y.M.

先輩社員の声(Y.M.)
入社年 ‘12年4月
出身学部 政治経済学部卒
所属 PT.井関インドネシア
担当業務 社内規定管理
勤務地 インドネシア

現在の仕事の内容

インドネシアのトラクタ生産拠点にて、社内規定管理や庶務を通して工場を運営しています。生産活動をサポートすべく、駐在員や現地従業員のワークライフバランスの向上に取り組んでいます。備品の調達・管理をはじめとし、業務範囲は多岐にわたります。

インドネシア国内における法規・条例の制定や改正に伴い、社内規定において実情と合わない箇所が生じた場合、工場運営の円滑化のため、規程改定を立案し、関連当局との調整、社内協議を経て、規程の変更に至るまでのマネジメントをするなど、苦労の多い反面、従業員の働きやすさに直結する分、やりがいの大きい仕事であると感じます。

現在の仕事の内容

仕事をしていて嬉しかったこと

インドネシア工場の生産計画を達成したことです。工場運営の何よりの目的・目標は、生産計画の必達です。製造部門に限らず、すべての部署が一年間を通して生産計画の達成のため、日々業務に励んでいます。物流ひとつをとっても日本国内と同様のスピード、クオリティを維持管理することは簡単ではありません。
しかし、同じ目標を持っているからこそ、部署同士が連携し、フォローすることで、あらゆる問題を乗り越えることができます。昨年度の生産計画達成時は、従業員全員参加の食事会を催し、課題の早期解決や翌年度の目標を共有した上で、計画の完達を祝し、従業員の一体感は最高潮に達しました。

皆さんに一言

駐在員の立場では、きっと誰かが何とかしてくれるという「甘え」は通用しません。やりたくないことでも、やらなければならない場面に遭遇することがたくさんあります。そんな中でもやりがいを見つけ、日々勉強をして、失敗しながらでも一歩一歩着実に前に進まなければなりません。皆さんも、全く新しいことであってもゼロから勉強を始め、実行に移すという姿勢を大切にしてください。学生時代に学んだことがすべてではありません。会社で学ぶことは山ほどあります。

一日の業務フロー

一日の業務フロー

今日の感想

申請書類処理や備品管理といった経常業務のほか、社内規定に関する従業員からの問い合わせや、
関連法規の改定に伴う情報収集等、やるべきことがたくさんあります。
如何に優先順位をつけ、如何に物事を効率的に処理するかを考え、実行しなくては、あっという間に仕事が山積みになってしまいます。忙しい時ほど、「急がば回れ」の精神のもと、事実確認を怠ることなく、
一つひとつの仕事を丁寧にこなすことが、多岐にわたる業務をこなすコツであると考えます。

ページTOPへ