商品情報

T.Japan V TJV5シリーズ[65・75・88・98PS]

農作業により一層の快適さを求めて

ビデオコーナー- Video Corner -

製品特性

型式 TJV655 TJV755 TJV885 TJV985
エンジン出力 65 75 88 98

Exterior エクステリア

Engine エンジン

製品
製品

特殊自動車排出ガス4次規制対応 大排気量エンジン搭載

信頼と実績のあるDEUTZ社製2.9L(TJV655、755)、3.6L(TJV885、985)エンジンを搭載。
高トルク・低燃費・低騒音を実現しました。

コモンレール式電子制御燃料噴射システム

噴射圧・噴射量・噴射タイミングをコンピュータで正確に管理し、エンジンの運転状況に応じ、最適な燃料噴射を行います。また、インタークーラー(TJV885、985)、ウエストゲート付きターボを搭載し、燃費効率と出力を向上させ、エンジンを適正に制御します。

電子ガバナ

エンジンの回転数、燃料噴射量、噴射タイミングなど、エンジンを総合的に制御します。

EGR(排気再循環)

酸素濃度の低下した排出ガスの一部を再び吸気と混合して再燃焼させることで、燃焼室内の酸素濃度を制御しつつ、燃焼温度を抑制します。
その結果、燃費のロスを伴わずにNOx低減効果を高めました。

尿素SCRシステム搭載(TJV885、985)

尿素SCRシステムのメリット
燃焼が行われた後に処理することで、燃料を最適な量とタイミングで噴射できますので、燃料消費量を最小限に抑えながら、最大限の性能・パワー・トルクを発揮します。
  1. ❶ターボチャージャーから出た排気ガスはDOCシリンダーに入ります。
  2. ❷排気ガスはディーゼル酸化触媒を通り、CO(一酸化炭素)・HC(ガス状炭化水素)・PM(粒子状汚染物質)が取り除かれます。(NOxが尿素と反応する準備が整います。)
  3. ❸精密な尿素水噴射を行います。
  4. ❹尿素水と混ざった排気ガスはDOCシリンダーから出て2つの触媒を有する排気管に到達します。
  5. ❺2つの触媒と2つのスリップ触媒を排気ガスが通ると、NOxは無害の窒素と水に変化します。
  6. ❻きれいな空気と水蒸気が排気管から出ていきます。

新大容量尿素水タンク(TJV885・985)&燃料タンク

大容量のタンクを装備していますので、長時間作業に対応しています。
また、尿素水タンクは熱の影響を受けにくい場所に配置しています。

新グリーンモード

エンジントルクを制限することで、トルクを必要としない路上走行や代かきなどの軽負荷作業において燃料消費を抑えられます。

負荷オート制御

作業中、作業負荷によってエンジン回転数が一定以下に下がると、自動的に作業機を少しずつ上昇していきます。
エンジン回転が復帰を始めると、耕深調整ダイヤルで設定した位置に作業機が少しずつ下がります。

Hydraulic Lift Capacity 油圧揚力

外装シリンダ

油圧シリンダはメンテナンスが容易で
高い油圧揚力が得られる外装式を採用。

フックエンド式3点リンク (TJV755L型、885、985)

作業機の装着が楽に行えます。

フックエンド式トップリンク(TJV755L型、885、985)

ボールジョイントホルダ(TJV755L型、885、985)

3点リンク外部スイッチ

フックエンド式ロワーリンク(TJV755L型、885、985)

ボールエンド式3点リンク(TJV755L型、885、985を除く)

水平手動スイッチ(GWD、GLWD型を除く)

外部油圧バルブ

外部油圧バルブはオプションを含め最大4連まで装着可能。
様々な作業機に対応します。

外部油圧バルブ(※写真はG型)

外部油圧コントロールレバー
(※写真はZ型)

Transmission トランスミッション

ロスの少ない伝達効率とスムーズな変速を追求する。

電子制御油圧クラッチ採用により、変速時の動力遮断が少ないスムーズな変速フィーリングを実現。
また、アクセルペダルを素早く踏み込んだ時でも、電子ガバナがエンジン回転数を自動で最適に
調整し、変速ショックの少ないスムーズな加速が行えます。
メカ式変速装置による高い伝達効率により、安定した作業が可能です。

製品

前・後進32段変速トランスミッション(TJV755L~985L型)

前・後進32段変速トランスミッションにより、水田・畑作から牧草作業まで、様々な作業に最適な作業速を得られます。

  • あぜ塗り
  • 耕うん
  • 代かき
  • プラウ
  • 牧草作業

アクセル変速

副変速が“高速”位置の時にATシフトスイッチを“ON”にして、アクセルペダルを踏みこむだけで、最高速まで自動的に変速します。

変速感度調整ダイヤル

変速の感度をダイヤルで任意に調整することで、シーンに合わせて最適な変速が行えます。

最高速規制

アクセル変速時、主変速の上限速を規制します。下り坂などで、主変速を8速まで自動変速させたくない場合に使用すると便利です。

ほ場入場

メモリー変速

前回のほ場で作業していた主変速位置をトラクタが記憶していますので、ほ場を移動しても主変速の操作を行わずに作業を再開できます。煩わしい主変速チェンジ操作が不要ですので、余裕のある高能率な作業を実現します。

オート4WD

路上・ほ場・坂道など路面状況に応じて、トラクタ自体が最適な駆動方式(2WD・4WD)を素早く選択。走行時にはブレーキを踏むと自動的に4WDに切り替わり、4輪全てにブレーキがかかるため、制動力に優れ、安心して停止できます。

Cabin キャビン

■ グラマー社製サスペンションシート
疲労を軽減するサスペンションシートを採用。

■ ルームライト

■ アンバーライト&集中作業灯スイッチ

■ シェードガラス&サンバイザ

■ 熱線入りリヤガラス(TJV755L〜985、TJV755CL型〜985C)

■ オートエアコン

■ USB端子・AUX端子付きラジオ&スピーカ

■ カップホルダ&灰皿

■ DC12V電源ソケット
※充電器・ケーブル・携帯電話は含まれておりません。

■ ワイパ・ウォッシャースイッチ

■ 充電用USBソケット&携帯電話ホルダ&小物入れ
※ケーブル・携帯電話は含まれておりません。

Console Layout コンソールレイアウト

■ カラー液晶大型マルチアイ

メーターとしての機能に加え、作業状況をわかりやすいメッセージで知らせます。

■ センターホーン付き本革巻きステアリングホイール
  (TJV755L、885、985)

センターホーン付きステアリングを採用し、操作性が向上しました。TJV755L、885、985には本革巻きステアリングを採用しています。また、チルト機構を採用していますので、運転姿勢に合わせてステアリングホイールの向きを4段階に調整できます。

■ 右側集中レイアウト

スムーズな操作が行えるよう右側にスイッチ、ダイヤル類をレイアウトしています。

■ ATシフト

クラッチボタンにより、クラッチペダルを踏み込むことなく、シフトチェンジが行えます。また、ATシフトスイッチでアクセル変速の入・切ができます。

■ 多機能アームレスト

作業によく使用するスイッチ類をアームレストに配置。
スムーズな操作が行えます。

■ デクラッチ機能付きフィンガー
  タッチリニアシフトレバー

作業イメージ

ステアリングに手を添えながら軽い力で前・後進の切換えが可能。持ち上げるだけでクラッチが切れますので、ローダ作業などを安心して行えます。

Operablity 操作性

オートリフト

旋回操作と連動して作業機が自動で上昇しますので安心です。

オートアクセル

作業機上昇時や後進時にエンジン回転数が下がりますので、 より低燃費で安心して旋回・切り返しが行えます。

スーパーフルターン

前輪が増速し、小回りしやすくなり、隣接耕うんもスムーズに行えます。

オートブレーキ

旋回時に内側後輪にブレーキがかかり、旋回半径が小さくなりますので、隣接耕うんが簡単に行えます。

デセラ機構

作業機をゆっくりと着地させます。
すき込み始めのショックが少なくスムーズに作業できます。

バックアップ

リニアシフトを後進に入れると、作業機が自動で上昇します。

電子油圧操作ボックス 操作席右側に電子油圧操作ボックスを配置しました。各種機能の設定が簡単に行えます。

  1. ❶メモリ調整スイッチ
  2. ❻デセラスイッチ
  3. ⓫オートリフトスイッチ
  1. ❷作業機上下動作モニタ
  2. ❼ブレーキ調整ダイヤル
  3. ⓬最高速規制スイッチ
  1. ❸接続感度スイッチ(PTO)
  2. ❽オートブレーキスイッチ
  3. ⓭3P切換スイッチ
  1. ❹オート切換スイッチ
  2. ❾オートアクセルスイッチ
  3. ⓮水平切換スイッチ
  1. ❺上げ位置調整ダイヤル
  2. ❿バックアップスイッチ

アクセルメモリ

任意のエンジン回転数を2種類記憶させ、ワンタッチで必要なエンジン回転数を復帰できますので、操作負担を軽減できます。

使用例
防除作業
使用例
耕うん作業

デフロックスイッチ

デフロックをスイッチで簡単に入・切できますので、プラウなどのけん引作業や片輪スリップ時などの脱出時に便利です。

サブソイラ作業

ドラフトコントロール

プラウなどで耕起する作業の時に作業負荷に応じて作業機を自動的に上下しますので、安定した作業が行えます。

プラウ作業

高精度自動水平制御(WX型)

■ 自動水平モード
耕うんや代かき作業もきれいに仕上がります。

■ 傾斜地モード
斜面に沿った傾斜を保ちます。

■ 平行モード
作業機が本機と平行を保ちます。

代かき作業

Power Take Off PTO

PTO回転スイッチ&PTO切換スイッチ

PTOの入・切がスイッチ操作で可能です。
また、PTO切換スイッチで様々な作業に対応します。

PTO切換スイッチ「自動」

クラッチペダルと作業機上下に連動してPTO軸の回転・停止が切り替わります。
ロータリ、ブロードキャスタ作業に最適です。

耕うん作業

PTO切換スイッチ「手動」

■インディペンデントPTO

走行状態に関係なく、独立してスイッチ入・切でPTO軸の回転・停止を切り替えます。走行停止状態でもPTO軸は回り続けますので、牧草作業では草が作業機につまりにくくなります。

レーキ作業

選べるPTO型式

土寄せなどに力を発揮する逆転PTOと播種・移植・収穫作業に適したグランドPTOをお客様の作業体系に合わせて選択できます。

型式 PTO回転速度(定格回転時)(rpm) 特徴
Z型 正転3段(565、793、1,014)
+逆転1段(613)
耕うん、代かきなどに最適です。
逆転で土寄せ作業を容易に行えます。
G型 正転3段(565、793、1,014)
+グランドPTO(16※)
耕うんや砕土、播種・移植作業、ビートタッパーや悪条件でのハーベスタ作業で威力を発揮します。

※後輪1回転あたりのPTO軸回転数を表します。

■ 耕うん作業

■ ビートハーベスタ作業

Adaptation for Implements インプルメント対応

様々な作業機に対応する。

様々な作業機の規格に対応していますので、より精度の高い作業が行えます。

120A大容量オルタネータ搭載

複数の作業機コントローラの同時使用にも余裕の電力供給が可能です。

オルタネータ

作業情報カプラ・作業機用CAN通信コネクタ・
外部電源取出し端子

作業情報カプラはトラクタから作業機コントローラへ情報を提供することができます。
作業機用CAN通信コネクタは国際標準規格ISO11783に準拠し、トラクタ情報をCANによって作業機コントローラへ提供します。
また、作業機用の外部電源取出し端子も装備しています。

作業情報カプラ・作業機用CAN通信コネクタ

キャビン内のフックとステーに
作業機のコントローラを収納できます。

作業機コントローラ収納位置

スイングドローバ(G型)

(G型以外はOPT:ストレート・ドロップの2種類から選択できます。)

安定したけん引作業が行えます。

Tire Variations タイヤバリエーション

様々な作業体系に適応するタイヤバリエーション。

バイアスタイヤ

ローラグタイヤ

ラグ高さが一定で接地面が丸みを帯びています。ほ場の掘り返しを抑えたい畑作・酪農や水田作業向けです。

ハイラグタイヤ

ローラグタイヤよりも接地面が平らでラグも高くなっています。一般的な水田作業向けです。ラグによるグリップ力により地面をしっかり捉えます。

ラジアルタイヤ

ラジアルタイヤ

接地面積が大きく、ラグが地面に均等に当たるので摩耗に強くタイヤ寿命も長く経済的です。バイアスタイヤに比べて操縦性が安定しており、優れた駆動力を発揮します。

広幅扁平ラジアルタイヤ(33R型,TJV885C,985C・3C型)

標準ラジアルタイヤに比べて、接地面積が広く踏圧が低いため、土中にある作物の根に優しい設計です。優れたけん引力を発揮し、軟弱ほ場での作業から重作業までなんなくこなします。

Adaptation for ICT ICT 対応

ISEKIアグリサポート(標準対応)…「作業やトラクタの情報が見える。」

機体センサーの情報をユニットが読み取り、オペレータにタブレット端末を通してわかりやすく伝えます。日頃の作業管理・機械管理情報の記録を簡単にし、分析に役立ちます。
これまで必要だった整備・点検・作業日誌の記録などの時間・資材費削減により、お客様のより良い農業経営をサポートします。

※表示用端末機器は別売りです。

GPSガイダンスシステム リードアイ(トラクタ用アグリサポート オプション)
…「これまで目視や経験に頼っていたトラクタ作業をガイダンスで見える化!!」

オプションの専用GPSを取り付けることで、トラクタの位置情報をアグリサポートが把握します。
これにより、最適な走行経路を表示したり、さらに細かい作業軌跡を記録することができ、
より精度の高い作業が行えます。

どこを走れば良いか、どこまで作業を行ったかをタブレットなどの携帯端末の画面にわかりやすく
表示し、作業効率の向上や省力・低コスト作業が行えます。

走行アシスト

高い精度のGPS位置情報からトラクタの施肥・薬剤散布・代かき作業など目印の必要な作業を画面上に表示します。今まで感覚で行っていた作業をより正確に行えますので、肥料・薬剤の削減がのぞめます。

作業軌跡を記録

作業結果が軌跡として残りますので、作業後の確認が行え、まき忘れを防止します。また、まき忘れや過剰部分を確認できることでその後の作業を計画的に実行でき、収量の安定化が図れます。

お手頃価格でGPS作業を行える!2つの精度を用途に合わせて選べます。

■ 中精度GPSで手頃にICT農業を

手頃な価格でICT農業を実践できます。アグリサポートと連動し、走行アシストや作業軌跡の記録を行います。

■ 高精度GPSでより確かな作業管理を

より高い精度の位置情報をアグリサポートに与えることで、きめ細やかな走行アシストや作業軌跡の記録を行えます。

* 一部機能ご利用時にデータ通信が必要となります。 ※1 本システムには、スマートフォン・タブレットなどの携帯端末は付属しておりません。別途市販の携帯端末(Bluetooth機能搭載)をご購入願います。 ※2 記載しておりますメーカー希望小売価格は、消費税8%に基づく税込価格です。(2018年6月現在) ※3 精度は衛星の配列や、障害物の有無など、衛星電波の受信条件により変動します。

Safety Equipment 安心装備

“安全性の確保”が生産性の向上につながる。

オート4輪ブレーキ

路上走行時にブレーキを踏むと、自動で4WDに切り替わりますので、4輪すべてにブレーキがかかり制動力が高まります。

ブレーキ非連結お知らせランプ

ブレーキの連結忘れを防止します。

片ブレーキ誤操作防止装置

走行中に片ブレーキを誤操作することを防ぎます。ブレーキ連結忘れによる事故を防止し、安全に寄与します。

前後進不可キー設定

暗証コードの設定により前後進操作をロックすることができますので、盗難防止に役立ちます。また、アグリサポートをインストールしたタブレットやスマートフォンなどの携帯端末で簡単にロックの解除が行えます。

個別キー

個別キーを採用していますので、盗難抑止に寄与します。

キー付き燃料キャップ

燃料の盗難抑止に寄与します。

Maintenance メンテナンス

最高のパフォーマンスを維持する。

フルオープンボンネット

ワンタッチで簡単にフルオープンできますので、エンジン周りの点検・清掃が容易に行えます。

エンジンオイル点検

ミッションオイル点検

ラジエータネット点検

エアクリーナ点検

大容量バッテリ

大容量バッテリを搭載しています。

燃料フィルタセジメンタ

エンジン内部への水の浸入を防ぎます。

エクスパンションタンク

ラジエータ本体の冷却水を適量に調整します。

工具箱

工具箱を標準装備しています。

ISEKIREMOTE(Y型) ISEKIリモート

ISEKIリモート(Y型)は、お客様の大切な機械を見守り「安心」を提供します。

ISEKIリモート(Y型)は、GPSアンテナおよび通信端末を搭載した農業機械から発信される稼働情報やコンディションの情報をもとに、お客様の大切な機械を見守るサービスです。

機械ごとの稼働予定時間・予定範囲を設定でき、設定範囲をこえて機械の稼働を検知した場合、設定したメールアドレスへ盗難検知の通知を行います。また、前後進不可キー設定ON状態でリニアシフトレバー操作を検知した場合も通知します。

機械の稼働情報を「見える化」します。蓄積したデータをグラフ化し様々な視点から分析することで、作業工程の見直しなどによる作業の効率化や燃料費などのコスト低減につながります。
 

■ご利用料金について… ※お申込後より、4年間システム利用料無料です。それ以降は有料となります。

Machine a Variety of Tasks 適応力

様々な作業に適応。

■ サブソイラ

■ ハロー

■ リバーシブルプラウ

■ バーチカルハロー

■ ロータリ

■ ライムソワー

■ レーザーレベラ

■ ブロードキャスター

■ あぜ塗り機

■ 播種作業

■ 鎮圧ローラー

■ ラッピングマシン

■ ディスクモア

■ フロントローダー

■ テッダ

■ ブームスプレーヤ

■ レーキ

■ ビートハーベスタ

■ ロールベーラ

■ 融雪剤散布

Semi Crawler セミクローラ

セミクローラ仕様(C型)

優れたけん引力、低い接地圧で水田作業から、畑作の重作業までなんなくこなします。

高耐久クローラユニット

■ 新揺動支点採用

揺動支点を下げることで、クローラの前上がりを抑え、安定した接地面積を確保し、強いけん引力を発揮します。

■ 土を踏み固めない、低接地圧を実現する4つの転輪

地面にかかる圧力を分散させ、土を踏み固めません。

■ スプロケット

パイプローラ式で泥・雪抜けの良い設計です。

駆動スプロケット

■ 泥・雪抜けの良い、すっきりしたフレーム

泥抜けしやすいシンプル構造で、さらに駆動スプロケット、前後遊輪、転輪にスクレーパを装備していますので、泥の付着を低減します。また、雪上作業時、雪の巻き付きも抑えます。

土に優しい、低接地圧

広い接地面により、重い後部の踏圧を低くして、土を踏み固めません。
通気性・透水性を確保した土づくりに適しています。

融雪剤散布作業

播種作業

安定した作業精度

ほ場内での凹凸や出入りでもしっかり路面に追従し、安定した作業が行えます。

優れたけん引力

グリップの効く広い接地面により強力なけん引力を発揮します。プラウ・プラソイラなどの重けん引作業に最適です。

高い走破性・直進性

湿田での沈み込みやスリップ、傾斜地での横滑りを抑え、安定した作業を行うことができます。

芯金レスクローラ

■ 振動・騒音を大きく低減

金属スプロケットとクローラのゴムで駆動するので金属接触がなく、走行時に発生する振動や騒音を抑え、快適な乗り心地を実現します。

■ 耐久性の向上

金属スプロケットの摩耗度合いが減り、クローラの耐久性が向上します。また、スプロケットにかかる穴が無いので、クローラ内周への泥や石の侵入を防止します。

マルチクローラ仕様(M型)

※セミクローラ時は車速が15km/hに制限されます。

時期に応じて作業に適した機動性を得ることができます。

狭幅クローラ仕様(N型)

クローラの良さはそのままで、畑の管理作業に適しています。
また、トレッド調整により2尺2寸、2尺4寸に対応します。

トラクタ

  • BIG-T7700 シリーズ
  • BIG-T7600 シリーズ
  • T.Japan W TJW3シリーズ
  • T.Japan V TJV5シリーズ
  • T.Japan X TJX3 シリーズ
  • ジアス NTA3 シリーズ
  • ジアス NT3 シリーズ
  • RESPA RTS シリーズ
  • TM5 シリーズ
  • トラ Q TQ シリーズ
  • Z-15 シリーズ
  • Z-15 シリーズ

トラクター

  • T.Japan W TJW3シリーズ
  • T.Japan V TJV5シリーズ
  • ジアス NTA3 シリーズ
  • ジアス NT3 シリーズ
  • レスパRTSシリーズ
  • トラ Q TQ17C

フルクローラ

  • TPC15 ~ 21PS

特別仕様機

  • 低床トラクタ

トラクタ用アグリサポートオプションGPSガイダンスシステム

  • リードアイ

機械ご使用の方に

  • 点検整備のポイント

お問い合わせ

  • よくある質問はこちら
  • お問い合わせ

ページトップへ