商品情報

HC650

低コスト農業に向けた、国内最小コンバイン

製品特性

型式 HC650
馬力(PS) 63.4

低コスト農業に向けた、国内最小汎用コンバイン

※国内最小汎用コンバイン:水稲が刈れる汎用コンバインとして国内最小(2012年5月現在 当社調べ)

公道走行も可能

方向指示灯・前照灯を装備しています。保安基準に適合した機体設計でほ場間移動もスピーディにこなします。

※大型特殊自動車免許が必要です。

水稲最高刈取速度1.0m/s

自脱型コンバイン5条刈の刈幅で刈取最高速度1.0m/sを実現。 厳しい設計基準をクリアした選別で、ロスを抑えた収穫作業が可能です。

※刈取速度は条件により異なります。

4トントラックに車載可能

機体重量約3.7トン(キャビン仕様)。 機械搬送が容易で、作業能率が向上。 コンパクトボディで小区画圃場での作業性も抜群です。

高精度・高能率作業を実現する機能を集約した、ロスの少ない刈取部。

低速刈りから高速刈りまできっちり対応 リール回転車速同調機能

リール回転速度は車速に合わせて増減速します。また、作物の状況に応じてリール回転速度の増減をダイヤルで任意に調整できます。刈取適応範囲が大きく、最適な刈取作業が可能です。刈刃・オーガ・フィーダは常に最高回転で駆動するので低速刈り時も詰まりの心配はありません。

マルチステアリングレバー

レバー1本で多彩な操作ができ、扱いやすく作業能率がアップします。

対地刈高さ制御(別売アタッチメント)

凹凸のあるほ場ややわらかいほ場でも、地面から一定の高さで刈取りできるので土のすくい込みを防ぎ、大豆等の汚粒を軽減します。
※刈高さポジションコントロールは標準装備。
ソリセンサ保護の為に、後進時には刈取部が自動上昇するバックアップを装備しています。

刈り始め・刈り終わりの刈取部セットに便利 クイックアップ&クイックセット

刈り終わりに「クイックアップ」を使用すれば、簡単操作でプラットホームとリール隙間を自動調整。稈こぼれを防止できます。

刈り始めに「クイックセット」を使用すれば、設定位置に刈取部を自動セット。 スムーズに刈り始める事ができます。

急激な負荷変動に対応する脱穀部。

「送塵量自動調節機能」と「撥水加工揺動板」の相乗効果で高精度な選別と作業能率アップを実現。

脱穀負荷を安定させる 送塵量自動調節機能

ロータ上側に可動式の送塵ガイドを6枚装備しています。脱穀内の一時的な過負荷を適度に逃がし、穀稈・穀粒をロータ後方へ運びます。脱穀部内での過度な滞留を抑制できるので、スムーズな作業が可能です。また、送塵ガイド周辺に脱穀に最適な「空間」を設けることで、脱穀性能の向上と、詰まりを防止します。

高強度設計、汚粒も低減。NEW撥水加工揺動板

作物にやさしく、優れた処理能力 空間スクリュー脱穀方式

ロータ外周に取り付けたスクリューで、作物を傷めずに脱穀します。穀粒を抑えつけることなくやさしくきれいに脱穀できます。
さらに「超硬歯」を採用しているので初期性能が長時間持続し、こぎ歯交換の手間が削減できます。

作物に応じて簡単切替
ロータ回転変速レバー

ロータ回転は、レバー操作で「高速・低速」の切替が可能です。刈取作物切替もプーリ・ベルト交換不要なので簡単に行えます。

作物への適応性が高い トウミ風力切替

選別状況に応じてトウミ風を5段階に調節できます。

穀粒を傷めず搬送 コンベア揚穀方式

脱穀・選別した穀粒の揚穀にはバケットコンベア・スラットコンベアを採用しました。傷みやすい大豆なども優しく確実に搬送できます。

座ったままで簡単操作
フィン開度調節ダイヤル

揺動板のフィン開度は、ワンタッチダイヤル操作。選別の状況を見ながらオペレータが必要な時に、座ったまま調整できるので、きめ細やかな対応が可能です。

クラッチ操作はワンタッチ
パワークラッチ

刈取・脱穀クラッチは、ボタンタッチで簡単入・切操作。キースイッチ「OFF」時は自動でクラッチも「切」になる安全機能も装備しています。

コンパクトなボディにパワフルエンジンを搭載。

厳しい条件下でも抜群の機動力を発揮します。

作業に余裕が生まれる ハイパワーディーゼルエンジン

排ガス規制対応。そして高出力でありながら低振動・低騒音を実現。環境に配慮したクリーンエンジンです。

長時間作業をサポート 防塵逆転ファンを標準装備

ラジエータの目詰まりを防ぎ、エンジン冷却性能を保持。清掃の手間が省け、長時間連続作業が可能です。

給油も簡単 60L燃料タンク

大容量燃料タンクで長時間作業も可能です。 給油台を使えば簡単に給油できます。

直進はまっすぐに。旋回はなめらかに。フルモードターン

直進性に優れ、旋回もスムーズに条合わせもピッタリ決まります。小回りできるスピンドライブターンも装備しているので、枕地刈も少なくできます。

減速ターン

内側のクローラを減速して旋回。

ブレーキターン

内側のクローラを止めて旋回。

スピンドライブターン

内側のクローラを逆回転させて旋回。

ほ場に合わせて切替できる 機体水平制御・対地平行制御

ほ場の起伏などを感知し、自動的に車体を水平に保つ「機体水平制御」と刈取部をうねに対して自動で平行に制御する「対地平行制御」。ほ場や刈取作物によって切替できる2つの制御機能で安定した刈取作業ができ、高精度脱穀・選別性能を発揮します。

全ての作業シーンをイメージしたキャビン仕様。

粉塵などからオペレータを保護します。
作業性能を支える、充実したキャビン性能。場所を選ばないスライドドア。

後方確認で安全作業 バックモニタ

キャビンの死角となる機体後方をモニタで確認できるので安全に作業できます。 キー「ON」で起動するのでエンジン始動時も安心です。オプションのオーガ先端カメラを取り付ければ、排出状況も確認できます。

車速表示で高能率作業
エンジン回転&車速表示モニタ

機体条件が一目で確認できる大型モニタを採用。従来からの負荷ランプ・エンジン回転・燃料計に加え、車速表示を追加。ほ場に最適な速度で刈取でき、性能を最大限に活かした刈取作業が可能です。

収穀・排出機能も充実!

オペレータにも補助者にも、やさしい使いやすさ。

離れている補助者に収穀状況を知らせます
穀粒満杯予告シグナル

グレンタンクが満杯に近づくとウインカーランプが点滅し、離れた場所にいる補助者へ分かりやすく知らせます。収穀状況が確認でき、オペレータとの連携がとりやすく、効率よく排出作業を行えます。

排出位置の微調整が可能 オーガフラップ

フラップの開閉で排出位置を微調整できる便利なフラップカバーを採用。籾の排出状況を確認しながら大切な穀粒を確実にコンテナへ移します。

排稈を短く切断 チョッパスプレッダ(S仕様は標準装備)

排稈を切断しほ場に均等に拡散できるので、後行程での耕うんが楽になります。切断せずに排出することも可能。

排出作業のすべてがワンタッチ
オーガ操作リモコン

シート後方に有線リモコンを装備しているので、排出状況を確認しながら楽な姿勢で操作できます。

機体からはなれても操作可能 オーガ無線リモコン

機体から離れた場所から操作できるので排出作業がスムーズ。

穀粒を守る 詰まりセンサ

揚穀部に詰まりセンサを設置し、万一の詰まり時に大切な穀粒を摩擦による損傷から守ります。

明るい作業灯が夜間の作業を支えます。

安全作業のため、合計5灯(キャビン車は7灯)の作業灯を装備。暗所での視界確保に役立ちます。刈刃上側や、デバイダ先端も照らせるので、夜間作業も安心です。

充実したオプションは、幅広い作物に対応できます。

大豆刈取時の目抜き構造

各所に目抜き構造を採用し、土・ホコリを機外に排出できるので品質の良い穀粒を収穀できます。

コンバイン

コンバイン

  • Japan HJ6123・7123
  • Japan HJ5098・6098
  • フロンティアファイター HFRシリーズ
  • フロンティアファイター HFGシリーズ
  • フロンティアファイター HFGシリーズ
  • フロンティアファイター HFG325
  • フロンティアファイター HFGシリーズ
  • フロンティアビバHVFシリーズ
  • フロンティアN HNシリーズ
  • フロンティアN HN211

インプルメント

  • HC1100
  • HC650
  • HC400

インプルメント

  • RZシリーズ
  • RZシリーズ
  • けん太HMGシリーズ

収量コンバイン

  • 収量コンバイン

機械ご使用の方に

  • 点検整備のポイント

お問い合わせ

  • よくある質問はこちら
  • お問い合わせ

ページトップへ