CSR・環境

夢ある農業応援団! ISEKI

食を支える農業の発展・成長に向けて、ハード(農業機械)からソフト(生産管理や栽培技術)にわたる幅広い営農提案を行い、農家の皆様を応援しています。

地産地消
低コスト農業
食の未来へ

井関グループの取組み

井関グループは、食料自給率向上に向けた取組み「FOOD ACTION NIPPON」の推進パートナーとして農業機械を通じて食の大切さをお伝えしています。
その一環として、グループ社員、その家族、そして地域に対して啓発活動を通じた食料自給率向上に努めており、国内農産物の消費拡大に向けた「地産地消」に加え、農業や農業機械を通じた「食育活動」にも取組んでいます。

フード・アクション・ニッポンとは、日本の食を次の世代に残し、創るために、日本の食料自給率の向上を目指した国産農産物の消費拡大の取組みです。

企業の取組み

国内の事業所や寮の社員食堂において国産食材、地元産食材の使用に取組んでいます。

展示館「ISEKI Dream Gallery」での情報発信

松山、熊本、新潟にある各「ISEKI Dream Gallery」に地産地消コーナーを設け、地元産食材や加工品等をご紹介しています。
「ISEKI Dream Gallery NIIGATA」では、新潟県で取組まれている輸入小麦の10%以上を国産小麦に置き換える運動“にいがた発「R10プロジェクト」”についてもご紹介しています。

お米ができるまでの工程をご紹介。

日本の食卓に欠かすことのできない「ごはん」。昔の手作業と現在の農業機械による作業の効率化を映像やパンフレットでご紹介しています。
お米ができるまでの工程をご紹介することで食の大切さをお伝えしています。

農業や農業機械を通じて食の大切さをお伝えしています。

農業機械の展示や農作業体験などで農業や農業機械の理解促進に。
  • 地域イベントに出展し農業機械をご紹介。
  • 田植体験などの農作業体験イベントの実施
  • バケツ稲づくりによりお米ができるまでを体験、育てる楽しさや大変さを学ぶ食育プロジェクトなど

フード・アクション・ニッポン・アワード【研究開発・新技術部門】で受賞

作業時間の短縮、生産コスト低減などが期待でき、ひいては国産農産物の低価格化、消費拡大に寄与すると期待され、各農業機械で表彰されています。

2010年 「疎植田植機」 優秀賞受賞
2011年 「業界初7条刈コンバインHJ7120」 優秀賞受賞
2012年 『業界初!「遠赤ヒートサイクル穀物乾燥機」の開発』 入賞
2013年 「乗用車感覚で操縦できる農機で、農作業の効率アップ」 優秀賞
2014年 『世界初!太陽光利用型植物工場における「植物生育診断装置」の開発』 優秀賞
『人手による補植作業をなくした田植機「新型さなえNPシリーズ」の開発』 入賞

FOOD ACTION NIPPON(フード・アクション・ニッポン)について

 FOOD ACTION NIPPONの目指すもの

日本の食を次の世代に残し、創るために、日本の食料自給率の向上を目指した国産農産物の消費拡大の取組みです。より多くの国産農産物を食べることによって食料自給率の向上を図り、食の安全と豊かさを確かなものとして子供たちの世代へ引き継いでいくことを目指します。
日本国内の食料供給の安全を確保することができれば、それは世界の食料生産拡大へ貢献することにも繋がります。日本産の食物を食料自給率の低い国へ供給する等、食料の循環を積極的に行うことで、世界の食料問題解決への貢献をも目指します。

ページトップへ