夢ある農業応援団

ICTによるスマート農業

ICT(情報通信技術)を活用した省力的・高品質生産を実現する新たな農業(スマート農業)をヰセキが提案します。

可変施肥田植機(研究開発中)

現在、農林水産省が実施する「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」の一環として、
石川県農林総合研究センターと井関農機(株)による共同研究開発が行われています。

前輪付近で作土の深さとSFV(土壌肥沃度)を調べて、その情報に応じて田植作業と同時に施肥量を制御。

1枚の田んぼの中で、作土の深い所、肥沃度の高い所で、肥料の量を自動的にひかえます。

稲の生育が均一になり、倒伏を軽減。

収量、品質安定による秋の収穫作業効率化。

企業情報
夢ある農業応援団
  • 低コスト農業
  • ITCによるスマート農業
  • 異業種参入事業者への栽培技術指導
  • JGAP認証取得サポート
  • 耕作放棄地再生支援
  • 地域伝統作物の保全
  • 農業女子応援プロジェクト
投資家情報
CSR情報
商品情報
営農情報
採用情報
販売店検索
youtube

ページトップへ