夢ある農業応援団

GAP(農業生産工程管理)取組へのサポート

食と人の安全安心を守る観点から、生産現場において徐々に普及の進んでいるGAP。ヰセキがその一つであるJGAPの導入サポートを行いました。

GAPについて

GAPとは「Good Agricultural Practice」の略で、農林水産省では「農業生産工程管理手法」として、その取組みを推奨しています。
JGAPとは、日本GAP協会が推進するGAPの一つで、先進的な農場で普及が進んでいます。

JGAPが掲げる適切な農業管理のための4つのテーマ
  • 農作物の安全
  • 環境への配慮
  • 生産者の安全と福祉
  • 農場経営と販売管理
JGAPが掲げる適切な農業管理のための4つのテーマ
  • 農場管理が標準化される
  • 信頼できる農場となる
  • 取引の安定化

JGAPの取組内容一例

1.作業の文書化

  • 農作業の危険個所の明確化
  • 技術の伝承

圃場の状態を文書化

2.整理整頓

  • 在庫圧縮
  • 作業の効率化

資材や器具の保管スペースを決め、無駄な在庫は持たない。

安全安心の証

スーパーの直売コーナーに出品しているキャベツ。キャベツに貼付されたシールから生産履歴を調べることができる。

詳しくは、「ふぁーむ愛らんど」No.38 p18‐19No.40 p14‐16をご覧ください。
ヰセキによるJGAP導入サポート事例が記載されています。

企業情報
夢ある農業応援団
  • 低コスト農業
  • ITCによるスマート農業
  • 異業種参入事業者への栽培技術指導
  • JGAP認証取得サポート
  • 耕作放棄地再生支援
  • 地域伝統作物の保全
  • 農業女子応援プロジェクト
投資家情報
CSR情報
商品情報
営農情報
採用情報
販売店検索
youtube

ページトップへ